CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

帰ってきた冷淡辛口

<< 新しき年の初めの初春の | main | 謎の検索ワード >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
更新という名の逃避行動
  ガストで勉強会をしていたら、ひとつ向こうの席で女の子が「ハルヒって面白いよ」と主張する声が聞こえて、つい耳をそばだててしまった。染まり始めたばかりなのかはたまた『エンドレスエイト』をも受け入れた猛者なのか、それが問題だ。その答えがわかることは永遠にないだろうが。
 そういえば映画版『消失』はどうなんだろうね。PVの出来がいいという噂を聞いたけれど、まだ観ていない。たぶん本編も観に行かないだろうな。
 ちなみに正直いって、僕は原作よりも『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』のほうが好みだ。4巻はラブコメ分もあって素敵だった。「学生の日常ときどきラブコメ」が、一番心が安らぐ。そう、つまり『ときメモ』だ。

 今さら「ペプシあずき」を飲んだ。年末に近くの京王ストアに買出しに行ったら、半額で在庫処分されていたのだ。原材料に小豆が入っていないのは、もはやお約束か。
 肝心の味だが、小豆といわれればもしかしたらそうなのかもしれない、という程度には小豆風味である。ただし、非常に後味が悪い。特筆すべき不快な後味であるので、興味がおありの方はぜひ機会を見つけて一度お試しあれ。

 ノベルゲームの名作『久遠の絆』が18禁となってPCでリメイクされるらしい。しかし、以下のリンク先を参照していただければわかるが、極めて不安な展開となっているようだ。DC版『再臨詔』を「こいつは右からも左からも弾が飛んできそうなシナリオだ!」などと思いながら楽しくプレイした身としては、せめて軟着陸を期待したいところである。
http://blog.livedoor.jp/gehakakugo/archives/51393535.html
http://d.hatena.ne.jp/rikio0505/20100101/1262355978

 最近、竹原信一氏が突き抜けすぎていて、他の色物首長の影が薄い。みんな首をすくめて嵐が過ぎ去るのを待っているのだろうか。まあ、あんなのと一緒にされたらかなわんという気持ちはわかる。阿久根市の現在の知名度が有史以来最も高いというのは、ほぼ疑いのないところである。
 それにしても森田健作氏とか、初めのころはちょくちょくニュースになっていたけれど、最近は見かけないですよね。案外妥協しちゃう(≒できる)人だったのか、あるいは揉め事を起こすほどの能力がないのか。それはわからないけれど、ひとついえることは、彼は竹原氏とは比較にならないほどまともな思考回路の持ち主だったということだ。千葉県民の方に(消極的な)お慶びを申し上げたい。
| ヒビ | 23:59 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |